シナジーのメタファー®
人文科学からマクロを目指す
地球規模と他系列との共生
地球規模として北米、ヨーロッパ、東アジア、南部アフリカの国地域で研究実績がある。
地球規模−東西南北からオリンピックを目指す
ドイツ語
  • ドイツ・チュービンゲン大学新文献学部ドイツ語学科のゼミ(1989年−1990年)で統語論について発表し、オランダ語のゼミ(1989年−1990年)は、演習に参加した。また、言語学科のゼミは、音韻論(1993年)と意味論(1994年)で発表し、博士論文(HPSG für Textanalyse – zur Ironie Thomas Manns)を作成した。
  • トーマス・マンのイロニーとファジー理論(発表)文理シナジー学会 東海大学 1998年
  • 計算文学のすすめ− Thomas Mannの “Der Zauberberg”(魔の山)を考える(発表)文理シナジー学会 東京文化会館 2005年
  • 計算文学入門−Thomas Mannのイロニーはファジィ推論といえるのか?(単著) 新風舎 2005年
  • 論理文法の基礎−主要部駆動句構造文法のドイツ語への適用(論文)計算文学入門に収録 2005年
  • やさしい曖昧な数学(ファジィ集合)−“Der Zauberberg”(魔の山)をマージする(論文)計算文学入門に収録 2005年
  • 計算文学の基礎固め−トーマス・マンの “Joseph und seine Brüder”(ヨーゼフとその兄弟」を考える(発表)文理シナジー学会 日本アムウェイ 2006年
  • Johan Wolfgang von Götheの“Italienische Reise”(イタリア紀行)(共訳、監修) 2010年 バベル出版
  • Thomas Mannの「魔の山」のデータベース化と推定からの分析(論文) 2017年
  • ラフ集合でThomas Mannの「魔の山」を考える−テキストマイニングのトレーニング(論文) 2017年
  • トーマス・マンの「魔の山」のバラツキについて(論文) 2018年
  • トーマス・マンの「魔の山」の相関関係について(論文) 2019年
  • トーマス・マンの「魔の山」の多変量解析−クラスタ分析と主成分(論文) 2019年
  • 心理学統計の検定を用いてトーマス・マンの「魔の山」を考える(論文) 2019年
  • シナジーのメタファーのために一作家一作品でできること−トーマス・マンの「魔の山」(論文) 2019年
  • トーマス・マンの“Joseph und seine Brüder”(ヨーゼフとその兄弟)の「ヤコブ物語」に見るファジィ測度について(論文) 2019年
  • 今後のAIの活用について−自然言語処理技術を文学分析に応用する(論文)Gaccoのレポート 2020年
  • Anfangen、beginnen、aufhörenにおける様相因子の動きから生まれる文の曖昧性−モンタギュー文法による形式意味論からの考察(論文) ブログ シナジーのメタファー 2020年
  • モンタギュー文法の様相演算子について考える−ドイツ語の話法の助動詞を例にして(論文)ブログ シナジーのメタファー 2022年
  • モンタギュー文法の意味公準について考える−階層的な様相表現を中心にして(論文)ブログ シナジーのメタファー 2022年
  • モンタギュー文法からGPSGへーイディオムの構成性をめぐるモデル理論の修正(論文)ブログ シナジーのメタファー 2022年
  • イディオムーMGからGPSGそしてHPSGへ(論文) 2022年
  • 計算文学入門(改訂版)−シナジーのメタファーの原点を探る(単著) ブイツーソリューション forthcoming
  • その他の作家→ http://fanblogs.jp/hanamura4/ 花村嘉英 研究一覧
中国語
  • 魯迅の「狂人日記」から見えてくるカオス効果について−認知言語学からの考察(統合失調症)(論文)四川外国語大学国際シンポジウム 2013年
  • 从认知语言学的角度浅析鲁迅作品−魯迅をシナジーで読む(単著) 華東理工大学出版社 2015年
  • サピアの「言語」と魯迅の「阿Q正伝」−魯迅とカオス(論文) 从认知语言学的角度浅析鲁迅作品に収録 2015年
  • 魯迅の「狂人日記」のバラツキについて(論文) 2018年
  • 魯迅の「狂人日記」の相関関係について(論文) 2018年
  • 魯迅の「狂人日記」の多変量解析−クラスタ分析と主成分(論文) 2019年
  • 心理学統計の検定を用いて魯迅の「狂人日記」を考える(論文) 2019年
  • シナジーのメタファーのために一作家一作品でできること−魯迅の「狂人日記」(論文)2019年
  • 魯迅の「狂人日記」から微分法の応用を考える(論文) 2021年
  • 魯迅の「阿Q正伝」のバラツキについて(論文) 2018年
  • 魯迅の「阿Q正伝」の相関関係について(論文) 2018年
  • 魯迅の「阿Q正伝」の多変量解析−クラスタ分析と主成分(論文) 2019年
  • 心理学統計の検定を用いて魯迅の「阿Q正伝」を考える(論文) 2019年
  • 莫言の「蛙」の執筆脳について(論文) ブログ シナジーのメタファー 2020年
  • 莫言の「蛙」のバラツキについて(論文) 2020年
  • 莫言の「蛙」の相関関係について(論文) 2020年
  • 莫言の「蛙」の多変量解析−クラスタ分析と主成分(論文) 2020年
  • 心理学統計の検定を用いて莫言の「蛙」を考える(論文) 2020年
  • 高行健の「朋友」の執筆脳について(論文) 2021年
  • 高行健の「円恩寺」で執筆脳を考える 2022年
  • 高行健の「车祸」で執筆脳を考える 2022年
  • 高行健の「文学の理由」について考える 2022年
  • その他の作家→ http://fanblogs.jp/hanamura4/ 花村嘉英 研究一覧
日本語
  • 計算文学のすすめ−トーマス・マンと鴎外の比較(発表)文理シナジー学会 日本アムウェイ 2007年 
  • 魯迅から鴎外へ−比較文学による考察(発表)北京外国語大学 中日国交正常化40周年記念国際学術会議 2012年
  • 20世紀前半に見る東西の危機感(論文)延辺大学 2013年
  • 森鴎外の「山椒大夫」のデータベース化とその分析(論文) 中国日本語教学研究会江蘇分会 2014年
  • 森鴎外の「佐橋甚五郎」のデータベースとバラツキによる分析(論文) 中国日語教学研究会江蘇分会 2016年
  • 日语教育计划书 面向中国人的日语教学法与森鸥外小说的数据库应用
    日本語教育のためのプログラム−中国語話者向けの教授法から森鴎外のデータベースまで(単著) 南京東南大学出版社 2017年
  • 森鴎外の「山椒大夫」のくるバラツキについて(論文) ブログ シナジーのメタファー 2018年
  • 森鴎外の「山椒大夫」の相関関係について(論文) 2018年
  • 森鴎外の「山椒大夫」の多変量解析−クラスタ分析と主成分(論文) 2019年
  • 心理学統計の検定を用いて森鴎外の「山椒大夫」を考える(論文) 2019年
  • シナジーのメタファーのために一作家一作品でできること−森鴎外「山椒大夫」(論文) 2019年
  • 森鴎外の「佐橋甚五郎」の相関関係について(論文) 2018年
  • 森鴎外の「佐橋甚五郎」の多変量解析−クラスタ分析と主成分(論文) 2019年
  • 心理学統計の検定を用いて森鴎外の「佐橋甚五郎」を考える(論文) 2019年
  • シナジーのメタファーのために一作家一作品でできること−森鴎外「佐橋甚五郎」(論文) 2019年
  • 森鷗外の「渋江抽齋」を感情で読む(論文) ブログ シナジーのメタファー 2021年
  • 森鴎外の「衛生新篇」で研究ノートを作る(論文)2021年
  • 森鴎外の病跡学−人間鴎外と作家鴎外(論文)2021年
  • 森鴎外の「舞姫」でテキストマイニングを考える(論文)2022年
  • その他の作家→ http://fanblogs.jp/hanamura4/ 花村嘉英 研究一覧
英語+フランス語+スペイン語
  • “The Late Bourgeois World”(ブルジョワ世界の終わりに)から見たゴーディマの意欲について−脳の前頭葉・前頭前野の活動を中心に(論文) 2018年
  • About motivation of Nadine Gordimer viewed from “The Late Bourgeois World”(論文) 2018年
  • 从认知语言学的角度浅析纳丁・戈迪默 ナディン・ゴーディマと意欲(単著)−適応障害 華東理工大学出版社 2018年
  • ナディン・ゴーディマの“The Late Bourgeois World”のバラツキについて(論文) 2018年
  • ナディン・ゴーディマの“The Late Bourgeois World”の相関関係について(論文) 2018年
  • ナディン・ゴーディマの“The Late Bourgeois Worldの多変量解析−クラスタ分析と主成分(論文) 2019年
  • 心理学統計の検定を用いてナディン・ゴーディマの“The Late Bourgeois World”を考える(論文) 2019年
  • シナジーのメタファーのために一作家一作品でできること−ナディン・ゴーディマの“The Late Bourgeois World”(論文) 2019年
  • ジョン・マックスウェル・クッツェーの“Age of Iron”(鉄の時代)の執筆脳について(論文) ブログ シナジーのメタファー 2020年
  • ドリス・レッシングの“Hunger”(飢え)の執筆脳について(論文)2021年
  • アルベール・カミュの“L'Etranger”(異邦人)の執筆脳について−不安障害(論文) ブログ シナジーのメタファー 2021年
  • パトリック・モディアノの“Fleurs de ruine”(廃墟に咲く花)の執筆脳について(論文) 2021年
  • ガルシア・マルケスの“Amargura para tres sonámbulos”(三人の夢遊病者の苦しみ)の執筆脳について(論文) 2022年
  • パール・バックの“The child who never grew”(母よ嘆くなかれ)の執筆脳について−発達障害(論文) 2022年
  • ジャン・ポール・サルトルの“La Nausée”(嘔吐)で執筆脳を考える−吐き気 2022年
  • ル・クレジオの“Pawana”(パワナ)で執筆脳を考える 2022年
  • その他の作家→ http://fanblogs.jp/hanamura4/ 花村嘉英 研究一覧