トップページ

予防注射(ワクチン)

循環器治療

鍼灸治療

ペットショップ

ペットホテル

クリニック概要

オンライン診療

その他予防薬/料金表

FIP治療

トリミング

パピークラス

施設案内

お問い合わせ

FIP治療
FIP(猫伝染性腹膜炎)治療のご案内
FIP(猫伝染性腹膜炎)は猫に発症することのあるウイルス感染症です。

1歳前後の幼い猫に好発しますが、どの年齢でも発症する可能性があります。
感染症のひとつであり、FIPウイルス=猫コロナウイルスにより発症します。
ただし、多くの猫が腸管にコロナウイルスを保有しています。
基本的には無害のケースが多いです。
しかし、この無害であるはずの腸コロナウイルスがある日突然変異することより強毒化し致命的な症状を呈します。
これがFIPの病態です。

臨床的には胸水や腹水などの貯留が認められるウエットタイプ、肉芽腫などが形成されるドライタイプに分類されます。
ドライタイプでは臨床的に特徴的な所見が見られない場合もあるため、発見が遅れる事があります。

FIPは近年まで診断がついた段階で「致死率100%の治らない病気」として恐れられていました。
しかし現在、画期的なお薬の登場で「FIPは治る病気」に変わりつつあります。

当院は数年前よりFIP患者様を積極的に受け入れております。
FIP治療薬(MUTIAN)製薬メーカーとの『協力動物病院』として治療を行っております。

ただし、このお薬は認可外の海外薬です。治療には高額な費用が掛かります。
FIPの段階によっては治る可能性が低い場合もあります。

FIP治療をご希望の方は当院にお電話、またはメール&公式LINEの方からお問い合わせください。