小学生コース・指導方法





◇学校で行われる教室指導は、60%の生徒の理解を指標として進んでいきます。
残り40%の半分の20%は、成績上位者となり、残り20%は理解不足の状態であると言われています。
教科や単元によって得意不得意の違いはありますが、学校での授業で『わからない』状態を放置したまま1学年を終了する生徒さまは実は非常に多いと言えます。



◇中学生になってから学習面のつまづきに気付いた場合、ほぼ小学校4年生あたりからの理解不足が大きな原因となっております。
高校受験を目前に控えた中学生活の中で、小学生の学習内容を総復習することはほぼ不可能に近いと言えます。



◇小学校6年間の最大目標は、1学年ずつの学習内容を100%理解し上級学年へ進級することです。



◇基本計算や漢字の書き取りといった基礎学習を繰り返し取り組む事に時間を費やし、各単元テストによってきめ細かく理解度を確認していきます。



◇全ての教科の文章問題や総合応用問題といった長文読解は、生徒様に合わせたレベルからスタートし、段階的に実力をつけていきます。



◇春期・夏期・冬期講習では、全県レベルでの指標となる小学ぜんけん模試を採用し学校内や塾内では測れない生徒様自身の実力を把握していきます。






中学生コース・指導方法





◆中学校での最終目標は、志望高校への合格です。
この目標を達成するため、まずは小学生コースと同様に各学年での100%の理解を絶対とします。
特に入試問題の頻出傾向をみますと、中学2年生での学習が軸となっています。
高校受験まで、まだまだ・・と1.2年生では思いがちですが3年間の全てが常に重要といえます。



◆当塾では小学6年生の夏休み以降から、中学生への準備期間と捉えています。
これまでの緩やかな成績評価から、中学校では定期試験の点数による5段階評価へと変化します。
このため定期試験が、いかに重要であるかを生徒様ご本人と保護者様にご理解いただくことからご説明しております。
定期試験での5教科別の自宅学習方法を細かくご指導し、家庭学習と塾学習の両面からサポートしていきます。



◆通常スケジュールに加えて、定期試験対策コースも追加できますので試験前の集中学習も可能です。



◆完全振替制ですので部活と学習の両立が難しい中学生生活をストレスなくサポートしております。



◆中学2年生後半から進路相談会も定期的に開催し、最新の情報から最良の進路をご提案しております。



◆学習レベル・部活・お稽古・進路相談といったお1人お1人の状況にあわせた学習提案を実施しております。