九州看護福祉大学を正常化する会
すべての理事は、学園運営にかかる事態についての説明責任を負っています。卒業・就職・国家試験受験を直前にして、学生たちは講義が受けられず、非常に大きな不利益を被る現状が続きました。
すべての理事は複数の不正疑惑について説明責任を負っています
学校法人熊本城北学園 外部理事(7名)
内部理事(5名)
すべての理事は説明責任を果たす必要があります
本学は公的資金が投入され、地域の住民の寄付により設立されました。上記の理事には、市民の大学に対するありかたについての要望、不正疑惑についての質問の一つひとつに耳を傾け、疑問に正面から回答する義務があります。
市民の皆さま、学生の親御さんの声を届けましょう!
地域の皆様お一人お一人の声が、大学に通う学生さんの関係者お一人お一人の声が、大学のありかたを改善します。みなさまが疑問を声にすることで、より良い大学につくりかえていくことができます。声を上げなければ、開学以来長い期間にわたって続いてきた様々な不正はけっして変わることはありません。