トップページ 当教室では コースの説明 体験(問い合わせ) 教室の概要
日本語が上手な人は英語も上手です!
私たちが世界中どこにいても、見えるのはすべて名詞です。
各名詞はいくつかの形容詞をもっています。形容詞は、その名詞を評価するための言葉です。
名詞と名詞の間には前置詞があります。これは、名詞の間の時間的、物理的位置を表します。
名詞が動けば、動詞が発生します。動かなければ、be 「ある」「いる」が使用されます。

私たちは英語を習うときは英文法を学習しますが、このような品詞は日本語でも同じように使用されています。
日本語を使用するのに、このようなことを知らなければ、英語を理解できません。
英文の構造を、実は私たちは日本語でも知らずに使用しているのです。
英語を話すとき、口に出すのは、「単語」あるいは「フレーズ」あるいは「主語と動詞」でしか選択肢はありません。もっとも大切なのは「フレーズ」の処理です。
同時に「主語と動詞」のコンビネーションを学習します。
なぜ英語を話すのは難しい?(前)
日本語を無視する英語学習はうわべだけの学習で終わる可能性があります。
しっかりと、小さいうちから日本人としての本当の日本語を知り、そして英語とともに理解するのです。
そのほうが、英語を言葉として吸収することができ、バイリンガルとして子供は成長します。
なぜ英語を話すのは難しい?(後)
私たち日本人は英単語を知っているのに、英語を話せません。
理由は、言葉を並べることができないからです。

英語では、言葉を並べる順番は決まっています。しかし、私たちは日本語を思いつきで話します。
これが、私たちに英語を話せなくしているのです。

私たちが話す日本語でも、主語と述語(動詞)を意識して話す人はほとんどいません。
つまり、私たちが日本語でも、瞬時に主語と述語を判断でき、それに整合性があればバイリンガルで話すことができます。



極端に言えば、日本語でこれができない人は何年英語を学習しても、留学しても、英語でのスピーチは不可能です。
小さいうちから、主語と述語(動詞)を箇条書きで意識させる必要があります。

言葉を話す仕組み
どんな国の言葉でも、口に出す前に脳の中で情報を処理をするという作業をします。
情報処理の技術がないがために、私たち日本人にとっては簡単に暗記できる言葉しか脳の中には残らないのです。

したがって、物事を組み立てて言葉を話すということができなくなります。
でも、外国の人たちが日本語を話す場合、彼らが私たちが英語を話すときのように言葉が詰まるということはあまり見受けられません。
なぜならば、彼らは習ったことを思い出すというよりも脳の中で情報処理をして話すからです。
だから日本語の初心者でもゆっくりと、そして丁寧にひとつずつ言葉を口から出して文章を組み立てていこうと努力します。





クイック英会話
新宿区西新宿7-1-7 新宿ダイカンプラザA館919号 (新宿西口駅より徒歩5分・新宿西口大ガード交差点そば)
☎ 03-3365-3361