トップページ

IMについて

体験者の声

コースと料金

お問い合わせ

副作用のない安全なメソッド。既存のものに諦めてしまった方からも効果を認められています。
インタラクティブ・メトロノーム(以後IM)については下のリンクボタンからどうぞ。

 IMの成り立ちと現在
〜世界のIM〜

脳と身体の連携と間の重要性


《選ばれる理由とトレーニングの仕方 》



インタラクティブ・メトロノーム(IM)のソフトウェアは、ある一定の音を出します。そして、トレーニングを受ける側は音に合わせて、手と足、あるいは手足を同時に使って反応していきます。
テンポ・ボリューム・難易度を調整しつつトレーニングを繰り返すうちに良いスコアが出るようになり、Autoトレーニングになるとコンピュータ側では、トレーニングを受ける人がより正確にその音に反応できるようにする反復運動と認知リズムメソッドになります。
情報と行動の関連付けをする為のタスクからなり、筋肉を動かす時に出る電気信号が脳の刺激になりシナプスの枝葉を伸ばし、神経間の情報のキャッチボールが段々とスムーズになるのです。
とくに発達障害者が苦手とする時間感覚の修正が可能となるため、生活の質の向上だけでなく、メンタル強化にも良い作用が表れています。
乳幼児もお母さんと一緒に楽しみながらトレーニングが可能です。
また、反応の正確さは1/1000秒(=IMスコア)で計測され、通常最初の段階では40〜80ミリ秒程度のプログラムをこなしていき、修了の時点では10〜30ミリ秒にまで改善されます。
IMスコアとは音への反応の正確さを1000分の1秒で計る数字です。
数字は低いほど正確であることを意味します。


このプログラムは、プロスポーツ選手や芸術家などに対しても効果が高く、積極的に利用されています。NBAのプレーヤーや有名なミュージシャンなどの場合、15ミリ秒以下のプログラムでトレーニングを開始する場合もあります。
これらは永続的にフィードバック(経験からのシュミレーション)されプロセスに入りやすくなるのです。

1. 理解と気付き情報を理解し求められているのは何か
2. 考えその為にはどうするべきかシュミレーション
3. 判断行動の決定
4. 行動する

尚、ヘッドフォンが付けられない場合は外付けのスピーカーをご利用下さい。そしてトレ中は中3日は決して開けないで下さい。

《 自宅で出来る・IM-HOMEシステム 》



IM-HOMEトレーニングシステムは、1回30分〜。オンラインe-clinicで
トレーナーにデータ送信され、それを基にプログラムを組んでいきます。
クライアントの日常に近く、ライフスタイルにも合わせ、無理なく受けて頂けます。 トレーニングデータがトレーナーに届いた後、それらを元にメッセージのやり取りをしてやる気とスコア改善のアドバイスをするので一緒に頑張ってる気持ちで続けられるとクライアントからも評判です。
ご家族皆さんでご利用も可能です!お子さんや高齢者がトレをする際には、転倒防止や正しい動きが出来ているか確認の為、どなたかが見守って下さい。
どのコースが合っているのか等 お気軽にお問い合わせください。

《 改善の見られた症例 》



・感覚統合障害
・自閉症
・自閉症スペクトラム
・学習障害(ディスレクシア含)
・注意欠陥障害/注意欠陥・多動性障害
・吃音
・脳性麻痺
・チック症候群
・外傷性脳損傷(TBI)
・脳血管障害発作(CVA)
・バランス障害
・パーキンソン病

・アルツハイマー
・多発性硬化症(MS)
・注意力と集中力                  
・体と脳の連携(シークエンシング)
・言語処理能力
・ふるまい(攻撃性と衝動性)
・バランスと歩行能力(モータープランニング)
・持久力
・体力
・運動能力
・対人能力

* ページの上に戻る *

《 トレーニング上の注意点 》

  • Macをご利用の方は下記の方法からお選びください。

    1. ブートキャンプ(Boot camp)
      マック・データを移動させずに、ウィンドウズをインストールさせます。
      無料ダウンロード☆  

    2. Parallels
      MacアプリケーションのようにWindowsプログラムを動かします。  
      有料☆詳しくはサイトでご確認ください。
  • OSはWindows2000, XP, Vista, Windows7に対応しています。

     1. インターネットの出来る環境(56 Kbpsモデムまたは高速/プロセッサ速度1.8 GHz以上)
     2. RAM 2GB以上
     3. CD-ROMドライブ
     4. ハードドライブに500MBの空きが必要
     5. Windows10も互換性があり使用は可能ですがセッティングはご自身で責任を持ってお願いします。
  • 褒めて伸ばして!小さな成功体験の積み重ねで自信を付けてあげて下さい。

     注意を受ける・叱られる事がとても多い発達障害者。こんな体験ばかりでは萎縮してしまいます。
     『自分にもこんな良いところがあったんだ!』と気付く事が大切です。トレ中も親なら思わずやってしまう
     「もっと頑張りなさい!」「何してるのよ〜!しっかりタイミング取って!」は禁句です。
     タスクが終わる度に「よしよし❤頑張ったね(^^)」と笑顔で言ってあげて下さい。
     なお、自身の経験と知識で保護者のフォローが出来るのはウチだけです。親御さんが明るくなれば
     お子さんも前向きになれます。片手落ちでは本当の改善になりません。
  • トレーニング終了後は特性の自覚をさせましょう。

     改善し始めから改善へ切り替わる定着期間があります。人により違いますが、3ヵ月〜半年程です。
     今迄苦手としてきた点をもう一度洗い直し、本人に自覚をさせる必要があります。
     気付きから学ぶことこそ、一番の教育になるのです。


* ページの上に戻る *












《 IMの成立ちと現在〜音楽から生まれたIM〜 》



ジム・キャシリー(大学で児童心理学と行動心理学を修学)はミキシングの経験を生かしてバンドマネージャーやサウンドエンジニアリング、レコーディングの仕事を続ける中でタイミングやリズムの捉え方に苦労するバンドメンバーがいることに気づき、タイミングやリズム感をつかむコツを上達させることを目的にIMのプロトタイプの制作を始めました。するとIMを試した人達の生活面や学習面などが良くなっていると噂になりジムは不思議に思っていましたが、トレーニングを受けたことで集中力・持続力・協調性・音楽の演奏・学習能力・運動といった分野でも改善が見られる様になるという事をその時はまだ誰も分っていませんでした。

友人の息子が事故の為に負った運動障害を改善出来ないかと持ちかけられ試したところ、動きが随分スムーズになったことで運動機能※1や協調運動※2が向上したことが分かりました。
そこでジムはIMで広がる可能性を調べる事にし、解明の為の研究は適切なタイミング、リズム、そして運動計画(モータープランニング)、順序立て (シークエンシング) の分野から開始されました。
最初の臨床研究が1994年に始まると、リハビリやその他の領域の専門家たちが、自分の患者にも効果があるかを試す為にあらゆる発達性・後天性神経疾患の患者たちにIMを取り入れ始めました。
その後、アメリカンジャーナルで作業療法士の為に発表されてからというもの各セラピスト達にも導入されるようになっていく事になります。

今日IMは世界各国の20,000か所以上にも及ぶ診療所、学校、病院、大学で利用され、この飛躍的な技術が世界中の何万人もの大人や子供の生活の改善に役立っています(テキストより抜粋)。

※1:何かをしようとする時に予定を立てシュミレーションを行い、今迄の経験を呼び起こし検討し実行に移すかを決める役割がある。

※2:諸種の別々の動作を1つにまとめる運動の事。全身運動(粗大運動)ばかりではなくボタンや靴ひもが結べない、靴の左右を間違える等の微細運動(手先の操作)、工作が苦手・楽器の演奏が出来ない等の運動機能も大きく関る。

* ページの上に戻る *














《 脳と身体の連携と間の重要性》



正確に勉強や仕事をこなすことや、集中して仕事や勉強をこなすためには脳と体が正確なタイミングで連携する必要があります。脳の中では、それぞれの部位が異なる働きをしており、この神経細胞がそれぞれの働きを持っている脳の各部位を繋いでひとつに纏めています。
これをニューロンネットワークといい互いにうまく連携しあうことでより脳の機能を活かせるようになります。この基本となる働きが神経細胞の機能のひとつであるモータープランニングとシークエンスイングです。
※Motor(動かすこと) Planning(計画)=行動計画 Sequencing(順序だてる)の意

日常における行動は、“タイミング”つまり“間”をとることで成り立っています。正しい情報交換と判断がなされなければ、適切な行動に移ることなど出来ないからです。
このトレーニングによって、脳内時計を調整・認識する力=タイミングを取る能力(判断力と行動面)が改善され、集中力・記憶力などが向上します。そして、勉強や仕事をこなす量が増え、質も改善されるのです。
発達障害者は情報のキャッチボールが上手くいかないため 指示(情報)と行動の関連性が弱いと言われます。
約40,000回近くの反復運動により情報伝達神経は可塑性を高めます。

脳科学総合研究センター 創発知能ダイナミクス研究チームは『特定の脳波に合わせて神経細胞が協調して働き、経験が記憶される』という理論モデルを、世界に先駆けて提唱しています。※理研ニュースより
まさにIMはこの状態を作り上げる画期的なトレーニングといえます。
※読解力や計算力、SAT(米国高校生用全国共通学力テスト)得点平均37%以上上昇という結果も出ています。

* ページの上に戻る *