<立ち関節系総合武道> フルコンタクト合気道 覇天会

フルコンタクト合気道競技とは



実践合気道団体である「国際合気道連合 フルコンタクト合気道 覇天会」で行っている「合気道技」と
直接打撃制による当て身」を認める合気道の競技を指します。

競技名
フルコンタクト合気道 
主催団体
国際合気道連合 フルコンタクト合気道 覇天会
大会名
フルコンタクト合気道選手権大会
種目
合気道
創始者
藤嵜 天敬
主要技法
立ち関節技と投げ技・固め技を主体、当て身は補助的に使用
当て身
直接打撃制で行う
格闘ジャンル
立ち関節系総合武道 <立ち関節技主体の総合的格闘技>


※寝技は有りませんが、固め技は行います。そのため格闘ジャンルは、立ち関節を主体とした総合的な格闘技とも言えます。
 (所謂、寝技主体の総合格闘技とは異なります)
※合気道は逆関節技よりも順関節技が多いです。そのどちらも格闘技の技法分類上は立ち関節技に分類されます。
※覇天会では立ち関節を追及しているのではなく、あくまでも試合を通じた実践「合気道」を目的としています。



覇天会は日本有数の「実践合気道技術」と指導カリキュラムを持つ革新的合気道団体です。武道としての実践合気道ならお任せください。

国際合気道連合とは



実践合気道団体である「フルコンタクト合気道 覇天会」を中核とし、少年少女・親子・女性・壮年部門である伝統合気道「円和会」、及び「護身術古伝部門」(護身術クラス)を下部団体とする合気道組織です。
連絡先 045-834-7566、
      050‐3569‐1192

[メール hatenkaiaikido@yahoo.co.jp]


覇天会のスタンス
覇天会では伝統的な合気道技法(体捌き・伝統型・呼吸法)を尊重し、「伝統技法の稽古をしっかりと行い」つつも、より現代に合った護身術としての実践性を身につけるために、「積極的に組手技の研究や試合を推進」しております。伝統的な型稽古は必要ないと考えているのではなく、古より伝わる技法を基本として修めつつ、それを骨董品として扱うのではなく、現代に合った実用技法とするべく組手に取り組んでいます。

覇天会の試合で使用可能な合気道技
第一教抑え表裏、第二教抑え表裏、第三教抑え表裏、第四教抑え表裏、第五教、小手返し、四方投げ、入り身投げ、側面入り身投げ、入り身突き、後ろ倒し、回転投げ、十字絡み、天地投げ、肘締め、下段腕絡み、上段腕絡み、肘極め、肘当て呼吸投げ(天秤投げ)、各種呼吸投げ、合気落とし、合気投げ、腰投げ、連行法 他

合気道とは



合気道開祖・植芝盛平大先生が、古流武術の一つである大東流合気柔術の技法を中核に各種武術(柳生流剣術・柔道・後藤派柳生心眼流柔術等)の精髄を合わせ、独自の工夫と哲学を加えて確立した日本伝統武道です。

その技法は、「入り身・転換・転身」の体捌きで相手の体側に入り込み「円転の理」により筋力に頼ることなく技をかける事を理想としています。


合気道の理合
型稽古における理合としては、相手の力を捌き受け流し、自身の中心の力を加えて崩し、途切れる事の無い円の動きにて投げ固め、(相手をいたずらに傷つける事なく)制圧する事を目指します。


合気道の格闘技上の技法分類
その技法は、格闘技の技法分類に当てはめると「立ち関節技、投げ技、固め技、当て身(打撃)」に分類され、それらを総合的に行う総合武道と言えます。

覇天会の系譜



植芝盛平 (合気道開祖)
   ↓
塩田剛三 (合気道養神館館長)
   ↓
櫻井文夫 (合気道S.A.代表師範)
   ↓
藤嵜天敬
(フルコンタクト合気道 覇天会宗家)

※敬称略

覇天会で行う合気道の試合



覇天会で行う合気道の試合を「合気道技」と「直接打撃制の当て身」を使用するので「フルコンタクト合気道」競技と呼称します。

合気道の試合ジャンルとしては、「立ち関節技、投げ技、固め技、当て身(打撃)」の技法を総合的に使用するので、格闘技の分類で言う所の「立ち関節技」を主体とする「立ち技総合格闘技」*に分類されます。

※寝技は行いませんが固め技は行います。その為、立ち関節技を主体とする総合的格闘技とも言えます。

覇天会では、伝統的な型稽古にて中心力や呼吸力、姿勢による力、統一力などを身につける事を重視しつつも、合気道の(格闘技上の分類における)主体技法である「立ち関節技」をより発展・進化させる為に積極的に実践的な試合技法の稽古を推進しております。

試合種目



合気道組手 ※メインとなるルール
合気道技(立ち関節技・投げ・固め技)と当て身(打撃)を両方認める試合

合気道乱取り
合気道技(立ち関節技・投げ・固め技)限定で行う試合

武器取り試合
合気道組手にて、武器(短棒)で打ち込んで来る相手を制圧する試合

打撃自由技試合
合気道組手にて、打撃で攻撃して来る相手を制圧する試合

を試合種目として行っております。
※他にも武術合気道試合(顔面攻撃あり)、後ろ取り自由技(離脱法)試合など試験的な試合もあります。

覇天会の稽古内容



伝統技法
構え・基本動作・伝統当て身・体捌き・伝統型・自由技・座技呼吸法

※希に武器術(剣術、杖術、短刀術)
※護身術クラスにて古伝技(合気柔術)、座り技

実践技法
組手型・打ち込み・連続技・合気道技の防御法・連環法・実践当て身(基本、移動、受け返し、捌き、ミット)、各種組手