社内IT研修
FSP(フィナンシャルシステムプラン株式会社)が責任を持って運用する
ITに関する社内研修
企業と従業員が共に見ることができない光(気づき)を感じます

トップページ

従業員(新人/管理職)

専門職研修

お問い合わせ

会社概要/講師

主な研修カテゴリ
  • 従業員向けIT教育
  • 情報システム部門向けIT専門教育
  • 営業向け提案/プレゼン教育
  • コンプライアンス/セキュリティ教育
  • 働き方改革/メンタルヘルス教育

基調講演から集合研修/ブリーフィングまで

基調講演


100名程度のセミナー、事前に講演内容を確認することが可能です

集合研修


数名〜10名〜30名などの60〜120分単位の研修、毎回、確認テストがございます

ブリーフィング


円卓、会議形式にしてディスカッションを中心とした研修/プレゼン

ワークショップ


テーブルを2つ用意し、模造紙/付箋/マジックで『テーマ』を仕上げるワークショップ

などの、IT研修を選択することが可能です。



集合研修は内容により3種類に分類(企画者/受講者の声)
従業員/管理職/専門職向け教育の『企画/受講感想』
まだ見えぬ暗い目標に向かって道しるべをお伝えします

『昨年と同じ当社の研修を検討していたが、依頼して良かった』

『日頃忙しく、自社を俯瞰したことが無かったので、改めて第3者目線で見渡すと見えなかった所に気づいた』

従業員研修での所感



企画者の声
『情報システム部に依頼していましたが、学生側の目線がコンテンツに無かった
一般従業員の研修と同じ内容なので本研修は学生目線で助かりました』

受講者の声
『SNSにあまり気にせずアップしていましたが、この研修を受講してアップする際に一息着くようになりました
受講してよかったです』

管理職研修での所感



企画者の声
『50代からの研修はやったことがなく、退職者向けの事務処理の集まりだけ実施していました
当社 人事部が言うべき内容を、言って頂き助かりました』

受講者の声
『働き方改革を進める在宅勤務とIT活用を受講して、家で働くことは理想でしたが
実際には面倒なことがあり、今のままでもいいかなという気づきが得られました』

受講者の声
『70代に向かってメンタルヘルスと税務対策を受講して、退職後 自分の株式会社を
設立することが得策だと思っていましたが、私のスキル/病歴/家族を考えると新たな考え方を知りました
最も重要なのは税務対策だと思いました』

専門職研修での所感



企画者の声
『海外の現地法人と日本の情報システム部門の共存を企画して
当社では人事/総務で渡航の際の注意事項を説明していましたが
情報システム部の目線で色々段取りしないといけない
事前教育があることを知りました』

受講者の声
『セキュリティ製品/サービス基礎知識を受講して、今まで安い製品選定を
考えていましたが、人を雇うと思えば、別の製品選定もあったと思いました』
従業員(新人研修)
『学生時代のITの常識をクリックしてITを学習する』

セキュリティやコンプライアンスを意識したSNSの活用
社会人としてのFacebook/LINE/Twitter/LinkedInの使い方
公開/非公開/秘密などセキュリティ
専門職(情報システム部門)
『キーボートのAがかすれるぐらいの専門性』

セキュリティ基礎
災害対策基礎
人事システム及びディレクトリ/権限管理
ファイルサーバ及びデータ・セキュリティ
海外現地法人のセキュリティ対策
従業員(管理職)
『在職中のデータをゴミ箱に入れ退職を』

定年退職や転職を意識したIT
50代からのSNS、データの削除
働き方改革とメンタルヘルス
第2の人生を意識したIT
(70代を見据えた)年収や確定申告

価格に関しては、5万円〜10万円等、人数/時間により異なりますので、
ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。
例えば、合宿や数日間の教育の1コマでもご利用頂けます。